お知らせ
お知らせ
news

歯周病がお腹の赤ちゃんに影響?


 タバコやアルコール、膣炎ほか産科器官の
 感染症、高齢出産などが早産・低体重出産に
 関わることが知られています。歯周病も一因
 と考えられています。

 ①歯周病が起こす炎症が原因
 進行した歯周病の場合、炎症物質が歯ぐき
 から体内に入り込むようになります。
 炎症物質の増加はタンパク質分解酵素の分泌
 を促し、子宮の収縮を引き起こします。
 子宮の筋肉が収縮する結果、赤ちゃんが押し
 出されて予定より早く産まれてしまいます。

 ②歯周病菌が子宮内部の器官に感染
 羊水や羊膜などへの細菌の感染は、早産や、
 胎児の発育不全のリスクとなります。
 羊水は本来、無菌的な環境ですが、早産の
 妊婦さんの羊水やへその緒から歯周病菌が
 検出されたという報告もあります。
 いつか赤ちゃんをと思っているかたは、
 歯周病の治療を早めに済ませておきましょう

 東根市神町  えちごやタウン歯科
 

    トップへ戻る